当サイトはNDIRセンサー用ランプの性能や設計、使用環境や応答速度について説明しております。
NDIRとはNon Dispersive InfraRedの略で、非分散型赤外線吸収を意味します。
ガスが持っている特有の赤外線吸収波長を利用し、計測方法に役立てているわけです。
当ランプは、一般的な光源用ランプとは異なる特徴があります。
フィラメント位置の精度が高く、赤外線の発生量が安定しています。
そして応答速度が高いので、実用性が高いものになっているわけです。

NDIRセンサー用ランプの性能

NDIRセンサー用ランプの性能 NDIRセンサー用ランプを製造するには、高度な製造技術が必要です。
フィラメント位置の精度や赤外線量の安定に加え、応答速度の性能が求められます。
それらを全て満たせるのは、世界でも数社しかありません。
国内では一貫した生産体制を導入することで、顧客が要望する高い精度のNDIRセンサー用ランプを製造することを可能にしました。
精度の高さに加えて、一般的光源ランプ同様の耐久性を併せ持っています。
厳しい環境に耐えられるからこそ、世界の様々なシーンで用いられていると言えます。
さらに価格競争力があるので、顧客の要望に応じて設計や提案が可能になっています。
具体的には自動車に排ガス測定をはじめ、車内環境などのモニタリングに使用されています。
身近なものではガスや火災検知、アルコール検知などが挙げられます。

高度な技術が求められるNDIRセンサー用ランプ

高度な技術が求められるNDIRセンサー用ランプ 最近の世の中における技術の進歩には目を見張るものがあります。
そのようなものの中にNDIRセンサー用ランプというものがあります。
非常に高度な技術が求められるため、世界中を見渡してみても、NDIRセンサー用ランプを手掛けている会社はあまり多くありません。
用途としては自動車が排出する、排気ガスの測定のために用いられます。
また、火災やガスを検知するために用いられることもあります。
ガスにはそれぞれ、種類によって特有の赤外線吸収波長というものが存在します。
NDIRセンサー用ランプを用いる測定は、それを利用して計測を行うという技術です。
赤外線ビームがサンプリングチャンバの中を通過するときに、サンプルの中のガス成分は、決まった周波数の赤外線を吸収するという特性があります。
その吸収量を測定することで、ガスの濃度を計測することができるわけです。
フィラメントの位置の精度の高さが求められたり、赤外線量の安定性が求められるため、非常に難しい分野です。
そのような高度な技術とともに、厳しい環境の中で使用しても、しっかりと故障せずに使用することができる耐久性や品質も求められます。
価格の安さということも重要な要素になってきます。
そのような数多くの問題を乗り越え、製品を世に送り出すために多くの研究や努力が重ねられているのです。

NDIR関連情報

NDIRセンサー用ランプの会社を探す

新着情報

◎2019/3/22

NDIRセンサー用ランプの応答速度
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRセンサー用ランプの使用環境
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「センサー 性能」
に関連するツイート
Twitter

ソニーとキヤノンのフルサイズセンサーに関する情報です。 ソニー60MP「IMX455」はニコンが契約、Z8への採用に期待。 ソニー60MP「IMX555」はIMX455より高性能、α9Rへの採用に期待。 キヤノン63MP「35MM63MXSCD」はEOS R高画素モデルへの採用に期待。 #canonJP #sonyJP digicame-info.com/2019/04/63mp60…

SONYは最高性能面のセンサーは自社機専用にするつもりですね。 NikonとPENTAXには下位グレードのセンサー。 SONYはNikon潰しに出てきましたね。

Twitter北河内人(縛り大好き)@slPrtOfYQV0R5Ug

返信 リツイート 7:48

返信先:@ma_ichigo722 苺(車)にセンサーなくても、ドライバーが高性能だから平気♪

返信先:@ma_ichigo722センサーの方が高性能ぢゃんw

MTK MT6753 主にエントリー機に搭載されていたsoc ベンチマークでの数値は低く一部のセンサーが非搭載だった。 しかし実用性に長けており、低クロックならではの電池持ちの良さとpspのエミュ程度なら普通に動作する性能があった。 こちらは早々と一線を退き後継機MT6750Tへとバトンタッチした。

うち設定としては、光学センサー(カメラ)の画像解析を複数機体からのデータ統合で精度上げる(この間のブラックホール解析した奴みたいなもん)形式でミノ粉散布条件下でのセンサー有効範囲拡大及び「敵の軌道予測」やらせたら射撃性能が劇的に上がったと。

Twitter純戦士のおっちゃん@PureFighter00

返信 リツイート 5:12

「ジェイガン・スナイパー」地球連合軍の狙撃戦闘モビルフォース。が、狙撃用ライフルの実戦配備が間に合わなかったために本機のおよそ8割が通常の90mm口径対MFマシンガンを使用した。より高性能センサーを搭載したが、更なるコスト高騰を招き旗艦や拠点防衛のために運用されていたらしい。

Twitter機動戦隊ガンガルBOT@GUNGAL_INTRO

返信 リツイート 5:04

「ジェイガン頭」地球連合軍のリペアモビルフォース。アッカムの攻撃により頭部を破壊された陸戦型ガンガルの応急修理モデルだ。実はジェイガンの方がガンガルよりも高性能センサーを装備しているためこっちの方がパワーアップしている。戦地では応急処置によりあらゆるキメラMFが出現した。

Twitter機動戦隊ガンガルBOT@GUNGAL_INTRO

返信 リツイート 3:04

バレルスピナ-は潜伏奇襲によわいので塗り性能をいかしてしっかりクリアリングすると味方も自分も戦いやすいだろう、デコの場合は相手のいそうなところにのポイントセンサーを投げておくのも味方の生存力もあがりおすすめだ

Twitterバレスピ情報bot@heavysplatlingd

返信 リツイート 2:32

僕達には高性能センサーがあるので、無生物音源達の中も見えますよ。・・・いえ、詳しくは聞かない方が精神的に良いと思いますよ?(ユウト)