NDIRセンサー用ランプの応答速度

NDIRセンサー用ランプの応答速度 NDIRセンサー用ランプの需要が高い理由の1つとして、応答速度の速さがあげられます。自動車の排ガス測定やガス・火災検知などの状況では、素早い応答速度が大切です。反応するまでの時間が長いと、その分だけ危険を伴う可能性も増えていきます。そしてNDIRセンサー用ランプは応答までの時間の短さを求める人々のニーズによって誕生している商品です。
反応までの速度の短さには、高い技術力が詰まっているというのもNDIRセンサー用ランプにおける特徴の1つです。技術力の決勝という点を理解したうえで、適した形でNDIRセンサー用ランプを利用できるようにしましょう。また興味がある方は、どのような現場で活用されているのか調べてみるのも1つの手です。自動車の排ガス測定やガス・火災検知のほかにも、冷媒ガス計測などの現場でも活用されています。特にガスの扱いは危険を伴うことが多いからこそ、素早い反応が可能なランプの存在が欠かせません。

光源用ランプと比べてNDIRセンサー用ランプにはどのような特徴があるか

光源用ランプと比べてNDIRセンサー用ランプにはどのような特徴があるか NDIRとは、Non Dispersive InfraRedの略で、非分散型赤外吸収のことを意味しています。それぞれのガスが持っている、特有の赤外線吸収波長を利用した計測方法に使用されています。この理論を利用したランプがNDIRセンサー用ランプですが、一般光源用ランプと比べて様々な特徴があります。
まずNDIRセンサー用ランプには、フィラメント位置精度と赤外線量の安定性の高さという特徴があります。安定性の高さから、正確な結果が求められる自動車の排ガス測定や、冷媒ガス・温室効果ガスの計測などに用いられています。また、一般光源用ランプと比べて、応答速度が速いという特徴もあります。応答速度が速いことから、迅速な反応を必要とするガス・火災の検知や、飲酒運転を調べるアルコール検知、車内・室内環境のモニタリングなどにも使用されています。正確性と迅速性という特徴から、NDIRセンサー用ランプの需要は高まりつつあるといえます。

新着情報

◎2019/3/22

NDIRセンサー用ランプの応答速度
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

NDIRセンサー用ランプの使用環境
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

サイト公開しました

「ガス 計測」
に関連するツイート
Twitter

【はかり隊】計測器 炭酸ガス計に関係するかもしれない雑学!!はこちらから hakaritai.com/seikatunochie/…

(2015-Ⅲ)ガスクロマトグラフは、O2とSO2ともに計測可能であるが連続的な測定はできない。

昭和電工、除害装置性能評価の温室効果ガス分析・計測サービスを開始 igaspedia.com/2019/04/23/sdk…

[解説] 正解は2の放射線量です 不活性ガスを充填して高電圧を印可した筒の内部を放射線が通過したとき、ガスの電離で発生した電流の回数を数えて放射線の量を計測します 安い物なら数千円でも入手可能で、原発事故以来個人での購入が増えたとも言われています pic.twitter.com/aEknelioYO

【バリシップ2019】 ​​来月、今治で開催される #バリシップ に出展します。SCR制御用NOx分析計や排ガス浄化装置用水質モニタ、燃料中の硫黄分析計など、船舶・造船業界の各種分析ニーズにお応えする計測ツールをご紹介❗️ 会期:5月23日~25日 双日マリンアンドエンジニアリングさんと共同出展です☆ pic.twitter.com/4hR46szn5N

TwitterHORIBA/堀場製作所@HORIBA_jp

返信 リツイート 昨日 17:00

昭和電工、除害装置事業における温室効果ガスの分析・計測サービスを開始 bit.ly/2UOjltf

昭和電工、除害装置事業における温室効果ガスの分析・計測サービスを開始 bit.ly/2UOjltf

昭和電工、除害装置事業における温室効果ガスの分析・計測サービスを開始 dlvr.it/R3K4cL

〈国立環境研究所〉4月23日|石炭火力から天然ガス火力発電への転換は、パリ協定目標の達成に寄与 石炭火力発電の段階的廃止の追い風に|nies.go.jp/whatsnew/20190…《情報紹介:計量計測データバンク》

Twitter計量計測データバンク@keiryoukeisoku

返信 リツイート 昨日 10:12

代わりに太陽風はイオンと呼ばれる荷電粒子のガスを取り除き、上層大気を破壊して進む。2014年9月に火星周回軌道に入ったNASAのMAVEN宇宙船は、火星の大気が太陽風によって侵食される過程を観測するために、脱出するイオンの速度と方向を測る。計測は、極めて強い太陽活動期にイオン損失の割合が増加す

Twitter古守 茂(コスモ)@M51Cosmoktep

返信 リツイート 昨日 7:33